次世代の音声認識システムは、救救com株式会社が開発し、独立行政法人情報通信研究機構が平成24年3月7日に日経ホールで開催した、第14回情報通信ベンチャービジネスプラン発表会にてNTT コミュニケーションズ株式会社から OpenLab賞を受賞した、クラウド救命支援システム(CEMS) (*) の販路開拓支援を行っております。

CEMS = Cloud Emergency Medical Support System の略

CEMSは、救急隊員が iPad に患者データを音声とタッチパネルで記録し、クラウドサーバに配信し、病院や消防署のデスクトップの Webブラウザで閲覧するシステムです。

CEMSは公共社団法人危機管理協会の認定商品です。

PDFのダウンロードはこちらです。