救救com株式会社 では、最先端の音声認識・音声合成・音声対話技術を盛り込んだ、様々なモバイルソリューションを
企画・開発しています。

各ソリューションのボタンをクリックして詳しい情報をご覧下さい。

一覧はこちら

ご挨拶

 近年、救命医療の技術は急激な進化を遂げていますが、救急搬送に関しましては交通事情や搬送に関しての法的な規制等、『進化』という言葉とはかけ離れた状況にあるのが事実です。

 救命に必要な処置を少しでも早く受けさせてあげたい、一刻も早く救命処置を施した後、助かる命を助け、後遺症のリスクを減らすことが救命医療の使命です。
この使命を果たすために生まれたのが『クラウド救命支援システム(略称CEMS)』です。
CEMS は Cloud Emergency Medical Support System の略で、シーエムスと呼びます。

 救急患者のデータ記録は、従来、多忙な救急隊員が紙に手書きして、病院到着時に医師に手渡して申し送りしておりましたが、CEMSは患者データをタブレットにタッチパネルと音声認識で記録し、データをクラウドに配信し、病院や消防本部のPCのブラウザで直ぐに閲覧出来る、先進的なサービスです。
弊社では、千葉県市原市消防局と帝京大学ちば総合医療センターの協力を得て、CEMSの正式商品化とサービスの早期開始を目指しており、CEMSを広く普及させ人命救助に貢献したいと願っております。

 また、CEMSの基本技術であります、モバイル端末で動く音声認識とクラウドサービスは、地震・津波など広域災害対応で出動する消防隊のデータ記録や、今後高齢化が益々進む中で、キーボードを使えないお年寄りやチャレンジドの方々の、便利な生活ツールになると信じております。

救救COMへのご支援を宜しくお願いいたします。
 

代表取締役 正田 宜宏